コラーゲン料理を勉強しよう!

Meat rice fish

お米の選び方

●お米の選び方どうしていますか?

皆さんはお米をどのように選ばれていますか?値段重視、味重視、ブランド重視、生産地重視、農家から分けて貰っているなど、選び方は様々かと思います。
10キロ3000円くらいのものから5000円のものまで幅広くありますが、どんなことに気をつけて選べばいいか考えて見ていきましょう!

●お米選びのポイント

店舗で購入する場合の選び方のポイントその1は精米日です。
精米するとそこから劣化が進んでいき、味も落ちていきます。なるべく精米日は新しいものを選びましょう。
その為にも品揃えが豊富で、回転が早いお店で買いたいですね。店頭で精米しているお店などは更に良いということになります。


次に単一原料米(同じ産地の米で、ブレンドしていないもの)か複数原料米(ブレンド米)かをチェックします。
ブレンドしていないものの方がお米そのものの品質にばらつきが無いのでお勧めです。


お米選びのポイントその3は等級です。
一等米から四等米までありますが、これは品質検査の結果により、ランク分けされています。


その4は新米かどうかについてです。
新米とは通常稲刈りをしてから、次の稲刈りまでの一年間に流通するものですが、表示上は、稲刈りをして、12月31日までに精米されたものが「新米」という表示で販売されます。
ですから、3ヶ月限定のお楽しみということになりますので、表示されているものはぜひ食べてみたいものです。
1年を超えたものは古米と呼ばれますが、通常、3年間くらいが賞味期限と考えて良いと思いますので、安いものを購入する場合などは気をつけてみてください。

炊き方のポイントとしては、新米はお米自体の水分量が多いため、若干少なめの水加減で炊くと美味しいご飯が炊き上がります。


その5はブランドについてです。
品種、生産者、生産地などで分類されます。

有名なのは魚沼産コシヒカリで、これはブランド化に最も成功した品種であり、消費者の人気も高いです。
苗そのものの非常に優秀であるため、味にも大きな影響を及ぼすといって良いと思います。
生産者や産地も最近では、東北の震災の影響などで、九州のものが人気が出たり、無農薬、減農薬のものが求められたり、消費者のニーズも多様化しているように思われます。

ブランドの選び方としてはご飯そのものの味を楽しみたい方はコシヒカリやアキタコマチ、もちもちした食感が好きな方はコシヒカリやキヌヒカリ、粘りが少なめであっさりした感じが好きならササニシキ、軟らかいご飯好きな方は、コシヒカリ、アキタコマチ、ヒトメボレなどお好みで色んなお米を試してみてはいかがでしょうか。

購入単価が高いので、ついつい麺類やパンなどを買ってしまいがちですが、ご飯はお茶碗一杯で高くても30円ととってもリーズナブル、お気に入りを選んで楽しみたいですね。

Favorite

作曲のレッスン教室
http://www.wings-music.com/sakuhen.html
医学翻訳
http://www.tbnetjapan.com/medlegal/
天然石でできたランプ
http://nossa.jpn.com/jp/
激安キッチンマットの販売
http://www.rakuten.co.jp/matfumifumi/
誕生日ケーキ 通販
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tart/
Copyright © Meat rice fish All Rights Reserved.